【また夢が叶った】stand.fmでラジオ放送はじめました!

エコバッグは持ち歩かないので、コンビニやスーパーでは絶対「レジ袋ください」と言わなくてはいけないことで、誰とも会話せずに一日を過ごすことがほぼなくなった“ひと見知り&陰キャ”のShinです!

思えばSNSなどで配信をしはじめて何年も経つけど、僕のひととなりが分かりやすく伝わるようなコンテンツは不定期にやっているライブ配信くらいです。

その他は「ギター弾いてるひと」とか「名古屋出身の中年男性」みたいなことは分かるけど、基本ユーザーに向かって話しかけるようなものはないように思う。

ギター演奏しても弾き語りやっても、その動画に即したメインの内容以外のトーク部分というのはないので、実際どんなヤツか謎に感じてるひともいるだろうね。

そんな僕にとっては初の試みともなる音声メディアでの配信にも新しくチャレンジました!

stand.fm(スタンド・エフエム)という音声配信アプリを使ったいわゆるラジオ放送なんだけど、顔も出さずただシャべってるというのも想像していた以上に難しかったし今も不安なところも多々ある。

ということで、ラジオにチャレンジしはじめたことの宣伝と、僕の考えをまとめてみようと思う。

配信中のラジオはこちら♪
↓↓↓↓↓
夢を追いかける全てのひとにエールを送るラジオ『Heat Of The Beat』
>>https://stand.fm/channels/5fa4e7ddae8f042997ae692f

音声配信アプリstand.fmで配信中

参考:stand.fm
ガキの頃に聴いていた周波数を合わせるラジオ以外では、音声メディアというものはPodcastVoicyくらいしか利用してこなかったのでstand.fmは知らなかったんだけど、調べてみたら誰でも配信できる音声メディアのオススメとして必ず名前があがってくるプラットフォームでもあったので、実際にいくつかコンテンツを拝聴させていただいて決めた。

stand.fmに決めた理由

前途したように、オススメのプラットフォームとして必ず名前があがってくるということはある程度の認知度や信頼性が高いことが見込めるから。

そして、いくつかのオススメ音声メディアを操作してみた結果、stand.fmのサイトカラーや見た目のイメージだったり、はたまたstand.fmというネーミングを耳にしたり口に出したときのインスピレーションのよさが大きい。

もちろん、操作性や必要な機能についても僕が実現したいラジオ放送の内容には充分対応可能だってことも踏まえた上で決定している。

番組構成には拘ってるよ

オープニングの入り方や、BGMのタイミングや音量、概要の説明やその回のテーマについての熱い思い、弾き語りやギター演奏などなど、正味一回の放送が10〜13分程度の中自分なりにクオリティーには拘って作り込んでるつもり。

これは、多分にガキの頃に聴いてた好きだったラジオ番組などの影響が反映されていると思う。

「こんな番組のパーソナリティーやってみたいな!」って思ってた願いをちょっと叶えられたような気分になれていいもんだよ♪

ギターのレッスンとか質問といった類は一切ナッシング

stand.fmのパーソナリティーの中には、音楽関連の配信や演奏系のコンテンツを配信している方もたくさんいらっしゃるようです。

僕はギタリストなんだけど、ギターに特化した放送だったりひたすらギターを弾いている音声という内容にはしたくなくて、基本は僕の生き様みたいなもので聴いてるひとの役に立てるような内容にしたいと思った。

だから、番組の冒頭でも話しているが、「ギターのレッスンとか質問といった類は一切なく、それよりも僕が夢を追いかけ続けるなかで経験してきたことを話すことで、僕からのエールを送りたい」という主旨でやってます。

僕が伝えるべきことは、ギターの弾き方云々ではなくて孤独な戦いをしているひとを応援することだ。

配信中のラジオはこちら♪
↓↓↓↓↓
夢を追いかける全てのひとにエールを送るラジオ『Heat Of The Beat』
>>https://stand.fm/channels/5fa4e7ddae8f042997ae692f

過去の自分がペルソナ

ペルソナっていうのはマーケティング用語で、詳細に設定したターゲットのことです。

僕がstand.fmで配信するラジオ放送を届けたいペルソナは、過去の僕です。
つまり、僕と同じようにくすぶってるけどいつか逆転してやるという情熱を持って歯を食いしばって日々を過ごしている夢追い人へのエール。

僕にできることは、才能のない音楽やギターについてのテクニックを教えることではなくて、僕が歩んできた茨の道で培ったかけがえのないものを共有してあげること。

それが僕の唯一無二の武器であり宝物だから…

毎日や週一回のようなペースでは更新できないけど、番組構成などは結構拘って作ってるのでぜひ聴いてもらえたら嬉しいなと☆

これからも自分にできることで、世の中に還元していくぜ!

 

 

Shin(@super_skrock)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう