10月9日(火)12:47に天秤座の新月を迎える。

 

「新月に願い事が叶う」って話を何かしらで聴いたことあるかもしれない。

 

月=Moonは、昔から神秘的なパワーに満ちているといわれていて、まぁ宇宙にあるものは全て神秘的だしパワーやエネルギーに満ち溢れてるって話なんだろうけど。

月の満ち欠けによって暦を数えた「太陰暦」ってのを昔は取り入れていたわけだしね。

月と人間との関わりとしては、やっぱ女性のカラダの特性上切っても切り離せないんはないかな・・・。

女性の月経周期は月の一周する周期と同じなんだもんねぇ〜。

 

新月ってのは、文字通り「新しいことを始める」とか、「種を蒔く」ってのに絶好のタイミングのようだね。

新月満月も毎月一回ずつあるわけだけど、それぞれに星座の性質があって、その星座のもつ特徴を活かしたことを取り入れていくといいみたい!

 

今回の天秤座の新月について、俺もちょっと興味あるから書いてみようと思う。

 

 

天秤座のメインテーマ

天秤座の特徴というのは、「繋がり」「縁」といった出会いにまつわるようなこと。

多くのひとに関心があるであろうことが、パートナーシップについてなんじゃないかな!?

 

“天秤”っていうだけあって、自分と他者とのバランスをとること。

すなわち、どう他人と関わっていくかということがテーマになるわけだよね。

 

新しい出会いは大切だし期待したくもなるんだけど、、、

そればかりにフォーカスしてないで、今までの関係を清算してから新しい人間関係をスタートするということも考えなくてはいけない。

 

■どんなひとと出会いたいのか?

■終止符を打つべき人間関係はないだろうか?

 

さぁ、思い当たるかな…

 

 

天秤座新月のタイミングで大切なひととの出会いがあるかも!?

この天秤座新月から以降に出会うひとや再会したり関係が復活するような出会いというのは、我々の人生にとって大きなポイントになりえるみたい。

恋愛や結婚だけではなくて、ビジネスパートナー然り。

 

また、人間関係というのは「自分自身の才能」を見つけ出すヒントをくれるものでもあるので、比較的社交性を持ち人間関係の間口を広く開けておいて、改めて誰との関係を断ち誰と繋がっていくのかを決断することが大切になってくる。

 

■自分がパートナーに何を求めるのか?

■人間関係でどこを改善したいのか?

 

はっきりとさせておく必要があるでしょう。

 

 

願い事は紙に書け

「自分の内側と会話できるかどうか」

こっから逃げることはできんでしょうな。

 

今喜びを手にとってるひとは、単純に自分から逃げず孤独に向き合った結果なんだと思う。

呑みにいくことも飯喰いにいくことも色々と断って、「あいつ付き合い悪いな」なんて陰口いわれることがあっても、負けないで自分自身のパフォーマンスを上げていくことにしっかりとフォーカスしてきたのだ。

 

いまだ見たことのない自分が発見できるかもしれないというのなら、、、

その冒険に出てみよう。

 

時間は有限だ、大っ嫌いなやつとの関係など続ける必要がない。

俺もそうしたよ。

 

どんな出会いがあるか・・・、

誰と再会したいのか・・・、

願い事は思ってるだけじゃなくて、ハッキリと紙に書き留めておくこと。

 

今日も未来(あした)の自分に思いを馳せて…

 

 

 

Shin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう